カテゴリー別アーカイブ: キャンペーン情報

ビギナーブログ カートと車の基本性能比較

今回のビギナーブログは、カートと身近にある車とで性能の比較をしてみます。果たしてカートの性能は車と比べてどうなのでしょうか?

比較対象車は、カートはBirel N-35、車はマツダ デミオの2台です。

ビレル N-35マツダ デミオ

 

 

 

 

 

 

★ボディー      Birel N-35        マツダ デミオ

●全長×全幅   2000×1350(mm)    3895×1695(mm)

●     車重       110(kg)          1020(kg)

●     タイヤサイズ 5インチ スリックタイヤ     16インチ ラジアルタイヤ

ボディーの面から見ると、Birel N-35は小型で重量が軽い事が特徴です。さらにサーキット専用タイヤスリックタイヤを履いています。マツダ デミオは大きなボディーを持ち、重量もかなりあります。公道を走るラジアルタイヤを履いています。

 

★エンジン      Birel N-35        マツダ デミオ

●     エンジンの排気量   200cc           1500cc

●     馬力         6.5馬力           113馬力

●     パワーウエイトレシオ  17kg/ps         9kg/ps

※パワーウエイトレシオとは、車重をエンジンの最高出力で割った数字で、1馬力が負担する重さの事で、この数字が少ないほど加速性能が良い。この2台を比較するとマツダ デミオの方が加速性能が良い事が解りました。

 

ボディー性能では重量の軽いBirel N-35が有利、エンジン性能ではマツダ デミオが有利という事が解りました。走る場所によりますが、カートが走るようなコースではボディー性能の良いカートが有利になり、エンジン性能が必要になる大きなコースであれば車が有利になります。

モータースポーツでは見かけの判断では見分けにくい事が多々あります。カートも車に比べれば小さい乗り物ですが、小回りが利く分、最高のコーナーリングマシーンと言えます。そんなカートはコンパクトに作られているため、操作面も簡単で誰にでも運転する事が出来ます。皆さんも最高のコーナーリングマシーンに乗って、サーキットを爽快に走ってみましょう!!

12/5(土)舞洲(まいしま)8時間耐久レースはダンロップ製ISKオリジナルタイヤで走行!

あのタイヤメーカーで有名なダンロップと、スポーツカート場を運営していますISKが、昨年2008年より当社使用車両ビレルN-35用タイヤのテストをスタートしました。

レーシングカートより乾燥重量が約30kg重い車両と、その車両に搭載していますエンジンHONDA GX200のポテンシャルをフルに引き出し、走行中路面から伝わる振動を吸収し安定感のある乗り心地を実現しながらドライバーが求める優れたグリップを発揮、そして高度な操縦性を実現するタイヤ・・・そのような夢のタイヤがダンロップの協力のもと、2009年11月ついに実現しました。

ISKオリジナルタイヤは、当社施設でしか味わうことができません。

ISKオリジナルタイヤのデビューは生産ロット数の限界もあり、全店舗同時デビューは残念ながら出来ない状態です。デビュー1号店は大阪市にある舞洲インフィニティサーキットからスタートします。

デビュー日は今年で第7回目を迎えるお祭りイベント8時間耐久レースからの予定です。その後、生産状況に合わせ静岡県のクイック浜名、奈良県のスポーツカート阪奈、兵庫県のグランプリカート三木の順番でデビューを予定しています。

dunlop

12/5(土)舞洲(まいしま)インフィニティサーキットはイベントの為、一般走行ができません。

今週末の12/5(土)に舞洲(まいしま)インフィニティサーキットで開催される「8時間耐久レースイベント」の為、当日は舞洲(まいしま)インフィニティサーキットは一般走行ができません。皆様のご理解のほどお願いします。

なお、12/5(土)は姉妹店のクイック浜名、グランプリカート三木、スポーツカート阪奈は通常営業をしています。

ビギナーブログ「舞洲(まいしま)インフィニティサーキット走行動画」

今週のビギナーブログは新しいホームページのすぽぶろで紹介します。

皆さんは「レコードライン」という言葉を聞いた事はありませんか?レコードラインとは、最も速く走る事ができる走行ライン(道筋)の事です。

 

どのコースにもレコードラインがあり、そのラインを走る事で速いタイムで走行できます。

各店舗にはレコードラインが記入されているコース図がありますが、書いたラインを見ても、実際コースのどこを走るか分からない!という方におすすめが今回の走行動画です。

 

今週のビギナーブログは各店舗の走行動画・第1弾!として、いよいよ来週に開催されるISK年末恒例のビッグイベント・8時間耐久レースin舞洲(まいしま)インフィニティサーキットの走行動画を紹介します。

 

昨年の8時間耐久レースも舞洲(まいしま)インフィニティサーキットで開催しましたが、今年の8耐は昨年とコースが変更されている点があります。

◆2コーナーの延長

昨年より2コーナーが約2m延長され、コーナー出口のデコボコもなくなりました。立ち上がりのカートの挙動が安定しました。
◆8耐限定!舞洲(まいしま)にショートコースが登場!
2コーナーを抜けると左、右と続く3、4コーナーですが、ショートコースは2コーナーを直線で通り6コーナーに入ります。

 

≪舞洲(まいしま)インフィニティサーキット・コース解説≫

■通常コース走行動画

 
■8耐限定ショートコース走行動画

 

●1コーナー
コース図で見ると普通のヘアピンコーナーですが、このコーナーのポイントは路面の舗装がコンクリート!他のコーナーのアスファルト路面と比べてグリップ力が低いので、雨の日や路面が濡れている時は要注意!
●2コーナー

今年8月のコースリニューアルでコーナーの延長されました。旧2コーナーにあったデコボコは解消され、コーナリングがしやすくなりました。
●3、4コーナー
舞洲(まいしま)一番のテクニカルな連続コーナーです。左から右への素早い切り替えしが重要です。3コーナーでアクセルオフをして4コーナーで素早くハンドルを曲げます。ただし、3コーナーの進入速度が速過ぎると、4コーナーでスピンをしやすくなるので、アクセルオフで減速が足りない場合は、4コーナーに進入する前にほんの一瞬ブレーキを踏みます。

●5~7コーナー

コース内側の区間です。この連続コーナーはリズムが大切です。タイヤバリアに接触しないようにテンポ良くコーナリングしましょう。7コーナー出口では小さく曲がると走行距離が短くなりますが、急なハンドル操作をするとタイヤが滑ってしまいます。タイヤが滑る時はアクセルオフかアウト側にふくらむライン取りをしましょう。
≪8耐限定ショートコース攻略≫
8耐ではレース途中にコース変更があり、2コーナー→6コーナーのコースレイアウトになります。ショートコースは直線区間になる為、6コーナー進入前にブレーキが必要になります。

●8、9コーナー

舞洲(まいしま)の長い直線に入る高速コーナーです。アウト・イン・アウトで走行しましょう。

●10コーナー

舞洲(まいしま)名物のストレートエンドの高速ヘアピンです。
他のコースにはない強いブレーキが必要で、ロックしないギリギリのブレーキ操作がポイントです。ブレーキを制する者は舞洲(まいしま)を制する!

●11コーナー
ストレートエンドの高速ヘアピンから右コーナーになるテクニカルなコーナーです。ストレートエンドでアウト側にいても、このコーナーでイン側を取り返す事が可能なレースでは駆け引きがあるコーナーです。

 

以上が舞洲(まいしま)インフィニティサーキットの攻略法と動画です。

これであなたも舞洲(まいしま)マイスター!
8耐もバッチリです☆

 

8耐は12/5(土)に開催で、エントリーはまだ間に合います!ショートコースが走れるのは今回の8耐だけです!是非この機会にショートコースを体験してみて下さい!

本日よりこのページで!

本日、2009年11月24日に当社のHPがリニューアルされました!

HPリニューアルと同時に旧HPで行っていました「すぽぶろ」「動画ブログ」「ビギナーブログ」は、今後1本化しまして「すぽぶろ」にて引き続き行っていきますので、今後とも御愛好の程よろしくお願いします。

 

ちなみに何故、「すぽぶろ」と命名されたかと言いますと、単純に「スポーツカート場」が運営する「ブログ」を略しただけです・・・

 

※旧「すぽぶろ」は、

http://plaza.rakuten.co.jp/sportskart/

※旧「動画ブログ」は、

http://iskkart.blog51.fc2.com/

※旧「ビギナーブログ」は

http://blogs.yahoo.co.jp/daihitsukoubou